大学受験の勉強法 まずは何をすればいいの?

c450d01347c958d6008963e9b48d044b_s

大学受験の勉強法 まずは何をすればいいの?


 
大学受験をしようと決めた人は、まず何から始めればいいのでしょうか。
参考書を買って、手当り次第、進めてみますか?
どんな勉強法がいいのか分からず、迷っている方も多いのではないでしょうか?

大学受験の勉強を始めるに当たり、大事なことは分析、戦略、目標設定……など。
勉強を始める前にやるべきことはたくさんあるんです。
作戦をしっかり立てて、無駄なく受験勉強に向かってほしいですね。
そして、意外にもスタートにモチベーションを上げることも大切になってきます。

何から始めれば良いか、順を追って見ていきましょう。

1.目標を決める

まずは、自分の目指す大学を決めましょう。

自分の明確なゴールを定めるだけもモチベーションは上がるもの。
勉強を順調に進めるためにも気持ちが大事なんです。
この大学に行くぞ、と考えるだけでも勉強に身が入りますよね。

2.敵を知る

その部分が明確になったら、今度は敵を知ることです。

受験勉強は何のためにするのか?
学力をつけるためではありません。合格するためです。

そのためにも敵の出方を探ることは必須条件。
自分が受験する(したい)大学の入試は、英語の配点が高い、リスニングの試験の難易度は高い、数学は基礎レベルの問題だから一つも落とせない……など。
ただし、これはなかなか自分だけで分析することは難しいかもしれません。
先生や予備校、過去問や模試などの情報を上手に利用して、収集したいものです

3.短期の計画を立てる

敵の出方がざっくりでもわかったら、大切なのは計画を立てること。
この計画をしっかり立てることは、本当に大切。
ラインのないグランドに出て、闇雲に走るのと、ラインをしっかり引いたグランドで、真っ直ぐゴールに向かって走るのでは、効率、安心感、達成感を考えたら、絶対に後者であるべきだからです。

さあ、ではどんなラインを自分に引いてあげるか。
まずは、日々こなすためにノルマを考える必要があります。
1週間ごと、2週間ごとなど、短いスパンでの目標を立てましょう
わかりやすく参考書のページ数でもよし、単語の数でもよし、自分にとって達成しやすい目前の目標を立てます。

4.長期の計画を立てる

そして、さらに少し長めの予定を立てましょう。
1ヵ月、3ヵ月など、数か月ごとの予定です

こちらも、漠然としている予定よりも、参考書を1冊終えるなど、わかりやすい達成感を味わえるものがいいですね
自分が目指す大学入試のレベルに辿りつくまでに必要なものを段階的にこなしていけるように、計画しましょう。
基礎的なレベルをしっかり固める必要があるのか、高レベルの問題をたくさん演習しておく必要があるのか、など、自己分析と入試の分析。
これをまず怠らないように! 

 
このように、入試までの計画をしっかり立てて、たくさんの安心材料を自分で持つこと。
これをここまでに終わらせれば大丈夫、これをここまで終わらせたから大丈夫と、どんどん自分の武器になっていきます。
大学受験の勉強法のスタートは、分析と計画、目標設定から始めてみてください


>>スマホがあればいつでもどこでも大学受験対策!